子供の矯正

子供の矯正歯科とは

綺麗な歯並びを目指すには毎日の取り組みが必要となってきます。
歯並びが良くなる子育ての秘訣は、歯並びや噛み合わせが悪い状態のお子さまの生活タイプを理解する事です。

綺麗な歯並び 生後6ヶ月から下の歯の前歯から生え始め、2歳半から3歳頃までに、上下合わせて20本の乳歯が生え揃います。
乳歯が隙間なく綺麗に並んでいると問題があります。

正常な状態では、歯並びに少し隙間が存在します。
これは乳歯より大きな永久歯が綺麗な歯並びに成る為の隙間で、顎の骨の成長がポイントとなります。

良くない歯並び好き嫌いなどなく、規則正しい生活が行われていないと、顎は充分に発達する事が出来ず、永久歯の生える場所が確保できませんので、その影響で歯並びが重なったり、前後にずれたりし歯並びが悪くなります。


顎の骨を育てる3つのポイント

  1. よく噛んで好き嫌いのない食生活する
  2. 隅々まで丁寧に歯を磨き、むし歯を作らない
  3. 体を動かし遊ばせる事によって空腹感を感じさせる

良くない歯並び

むし歯予防のページをご覧下さい。
②よく噛んで、好き嫌いなく食べる事によって、歯並びに大きくな影響を与えています。
朝食は最も大切で、中でも和食は最善です。ご飯、味噌汁、さかな、サラダなど、調理に火を使い、野菜を取り入れたメニューが顎の成長に大きく影響しています。
一方、朝食が柔らかい菓子パンや牛乳、ヨーグルトなど、火も野菜も使わないメニューは、噛まなくても食べられるので顎の発達が悪くなる傾向がみられます。
③毎日体を動かす事で、規則正しい食欲につながります。
食欲があれば、好き嫌いせずに栄養満点の食事をする事ができます。さらに自然とよく噛むようになる可能性が高くなります。また、早寝早起きの規則正しい生活をすることによって、成長ホルモンの分泌もスムーズになり、顎の発達にも結び付きますので、歯並びもよくなります。

不正咬合の種類となり易い生活習慣

不正咬合の種類

叢生
(そうせい)

歯がねじれたり、重なり合ったりして歯並びが凸凹している状態をいいます。 乱杭歯(らんぐいば)とも呼ばれる。八重歯も含まれます。

上顎前突
(じょがくぜんとつ)

上の前歯が下の前歯より極端に前に出ている状態のことで、
いわゆる「出っ歯」です。

下顎前突
(かがくぜんとつ)

正しい噛み合わせは、上の歯が下の歯の上にかぶさる状態ですが、下顎前突はその反対になっています。「受け口」とも呼ばれてます。

過蓋咬合
(かがいこうごう)

上下の噛み合せの重なりり度合が大きい状態。
上の歯がふたのように覆いかぶさり、下の歯がほとんと見えない場合もあります。

交叉咬合
(こうさこうごう)

左右どちらか一方、あるいは両方の奥歯が反対に噛み合っている状態。
上顎と下顎の骨の形や歯列弓(歯列め曲線)にずれがあることが原因になるほか、頬杖をつく、横向きで寝る、ロ呼吸をするなど、顎の骨の成長に悪影響を与える日常的な癖によっても起きます。

開噴
(かいこう)

「オープンバイト」とも呼ばれます。上下の歯を噛み合わせた時、奥歯は噛み合うのに、前歯が噛み合わず、隙間が空いている状態。口を開けると、前歯の間から舌が見えてしまうのが特徴です。

不正咬合になり易い生活習慣における歯並びの特徴

種類 イラスト 生活習慣
叢生
(そうせい)
叢生イラスト ・食欲にむらがある
・食欲がない
上顎前突 上顎前突イラスト ・指しゃぶり
・甘えん坊
・姿勢が悪い
・優等生タイプ
・さみしがり屋
・我慢する
下顎前突 下顎前突イラスト ・遺伝的な要素が強い傾向がある
開噴 開噴イラスト ・姿勢が悪い
・口をポカンと開る
過蓋咬合 過蓋咬合イラスト ・手先が器用
・手先を使った作業
・集中力のある子
・下を向いた作業
・本を読むことか好き
交叉咬合 交叉咬合イラスト ・頬杖をつく
・同じ方向を見て食事をする
・姿勢が悪い
・うつぶせ寝

予防と矯正治療への対策

矯正治療のメリット・デメリット

メリット

  • コンプレックスの解消
  • 歯並びが綺麗になる
  • 正常な顎の形に成長させる
  • 矯正手術のリスク減少
  • 矯正装置をつける期間が減少する
  • 悪い歯並びを減少させる
  • 抜歯の可能性が減少させる

デメリット

  • 矯正治療の期間が長い
  • 矯正治療が大人になってからも必要な場合がある
  • 歯根吸収が起こる可能性がある
  • メンテナンスを行わないと虫歯になりやすい
  • 治療意欲次第で、結果に差が出る

予防と矯正治療への対策

不正咬合改善の対策

叢生
(そうせい)

体を使う遊びをさせましょう。
食事中のテレビは消し正しい姿勢で一口に30回噛んで食べましょう。
食事は根菜類を含む和食を中心に、必然的に噛む回数を増えさせましょう。

上顎前突
(じょがくぜんとつ)

4歳までに指しゃぶりを止めさせましょう。
指を使う遊びを与え、くすぐりなど肌と肌の触れ合う遊びを取り入れると、精神的に満足して、無理なくやめられることが多いでしょう。
口呼吸をしている場合は耳鼻科での受診をお奨めします。

下顎前突
(かがくぜんとつ)

下顎を前に出す癖を見つけ時は、普通の顔が可愛いよなど、ほめてあげましょう。
悪い癖をやめさせる事が大切です。
乳歯が6本以上反対に噛み合っている場合は、4歳頃になったら、まずは歯科医院に相談する事をお奨めします。

開噴
(かいこう)

口呼吸が原因の場合は耳鼻科を受診して鼻呼吸ができる環境を整えましょう。
舌を歯と歯の間にはさむ、舌を出す、舌で曲芸をするなどの悪い習慣を改善しましょう。
口を閉じる癖をつけ、口周辺の口輪筋を鍛える習慣を行いましょう。

過蓋咬合
(かがいこうごう)

食事中は姿勢に気をつけ正面を向いてよく噛んで食べます。
下を向く事を控え空に向かって大声をあげる鬼ごっこなど外遊びがお勧めです。
よく歩くなどをし、体を動かす事によって筋力をつけよい姿勢を長時間保てるように習慣づけましょう。

交叉咬合
(こうさこうごう)

食事は正面を向いて左右で均等によく噛んで食べましょう。
低めの枕で天井を向いて大の字で眠る。
頬杖をやめ普段からよい姿勢を保つ習慣を行いましょう。
奥歯まで噛み合わせが交叉している場合は、早めの矯正相談が必要です。

T4Kの矯正

T4K(Trainer for Kids)

今、海外で多くの小児が使用し、効果を上げている口腔筋機能トレーナーで、昼間1時間及び夜間就寝時に装着するだけなので、 小学校にブラッケット装置を付けて行くことも有りませんので、小さいお子様でも抵抗な導入できます。

T4Kイメージ画像この装置はこれらの筋機能癖 を改善し顎や歯の成長発育を正常化させて自然で理想的な咬合状態に誘導する装置です。
T4K は、6歳から12歳くらいまでのお子様の混合歯列期における歯の萌出(ほうしゅつ:歯が生えること)誘導、 筋機能癖(舌突出癖、異常嚥下癖など)の改善、鼻呼吸の促進に効果の期待できる装置です。
T4K装置を使用する事により、口呼吸、指しゃぶり、異常嚥下癖などを改善することで、不正咬合のブラケット治療を回避できたり、 もし必要になっても期間を最小限に縮める事ができます。


  1. トゥースチャネル・・・前歯を並べます
  2. タンタグ・・・正しい舌の位置を訓練します
  3. タンガード・・・舌の突出を防ぎます
  4. リップバンパー・・・オトガイ筋の運動過多を抑制します
< 価 格 >※税込

本 体 \31,500円
毎月チェック及びフッ素塗布 \  1,500円
壊れた場合の交換 \10,000円

小児歯科の治療案内

ページトップ